04 | 2005/05 | 06
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
 スマートフォン表示に切替 <<
神 崎 順 オ リ ジ ナ ル 曲

    
  


祝!千秋楽
青山劇場の客席今日で青山劇場ともお別れです。去年の1月以来、久々だったなぁ。

舞台から見た客席はこんな感じです。本当にいい千秋楽でした。暖かくて、みんなが一つになって。

勝手に同期生って言い張ってるまやちゃん、本当に有難う!いつも支えてくれて、何でも話せて、やっぱ、本当に同期だったのかな?まやちゃんと(^^)って思うくらい助けてくれて感謝です(^o^)
あなたのソロが終わった後、いつもショールのような着物をたたんであげていたのは確かに同期愛でしたね(^_^;)
大阪も宜しくね!

終演後の打ち上げは超、楽しかったです。
あー、飲み過ぎたぁ。
皆様、大阪も盛り上げて下さいね。
本当に有難うございました。
2005.05.31.(火) Posted by JunJun
※この記事へのコメントは現在受付けておりません
前楽。
東京千秋楽、一日前です。今日は花組の生徒が8名も総見でした。しかし、ジェンヌが大勢で歩いていると本当に派手な軍団ですね!
さてさて、じゅん様は「ええじゃないか」が終わると「恋のジャックナイフ」でまやちゃんが出る所までスタンバイしているのですが、大体いつもリナと一緒に袖にいます。そこに必ず夏樹ちゃんが来て、「ねぇねぇ、今からナイトクラブに飲みに行くんだけどさぁ、一緒に行かない?」と誘いに来ます。そこでじゅん様一言!
「行きたいのはヤマヤマなんだけど凄く嫌な予感がするの。何だか悪い事が起きるような気がするから今日はやめとく。リナも行っちゃだめだよ。」
すると夏樹「そうかぁ、残念。じゃ、又誘うね。」と言ってナイトクラブに出掛けていきます。そして、みんな楽しそうに歌い踊るのを袖から見ています。余りに楽しそうでリナはやっぱり行きたかったなぁ。みたいな顔をしています。が、しかし終わると同時に根国が乱入し、リナちゃんと夏樹ちゃんと次の瞬間、な、何と言うことでしょう!
夏樹ちゃんが石倉のよっちゃんにブスッ!と刺されたではありませんかw(゜o゜)w一転してナイトクラブは惨状と化したのです(@_@)そこでじゅん様リナに一言。「ほらね、あの人と一緒に行ってたら僕たちも殺されていたんだよ!行かなくて良かったね(^o^)ウフッ!」
こうしてじゅん様はリナの命の恩人どころか、預言者として人々に崇め奉られて来たのでありまする。
最近では、まやの歌う「逢いたくなったときに君はここにいない」あたりで上手袖で空中浮遊するじゅん様がみれます(笑)
詳しくは何度も浮遊している現場を目撃している坪井の美奈ちゃんにお尋ね下さい。
さぁ、明日は楽だ!頑張るぞぉ(^o^)
2005.05.30.(月) Posted by JunJun
※この記事へのコメントは現在受付けておりません
終わってホッ☆
斉ちゃん、りなちゃんと東京公演、ラストの2回公演が終わりました(^^)
何となくホッとして打ち上げをしたくなり斉ちゃん、りなちゃん、じゅん様、翔くん、それに俊ちゃんと串揚げに行きました。
ここは自分で好きなネタを目の前で揚げる事が出来るという、まさに串揚げ処の遊園地と言った所でしょうか(^o^)
俊とは前回から地方を含めて3回位行ってます。斉ちゃん、りなちゃんはお初でしたがかなり気に入っておりました(^0^)/
東京も残す所あと2回!
頑張ります(^o^)
2005.05.29.(日) Posted by JunJun
※この記事へのコメントは現在受付けておりません
参った、参ったぁ(^_^;)
今日、楽屋にお花が届きました。
劇場受付の人と、制作のお姉様が何やら困惑してザワザワしている。
じゅん様、いつものようにベンチで休息していると、いつもいつもお世話をかけっぱなしの、感謝しても足りない位、みんなの事を見守っていて下さる制作のスーパーキャリアウーマン、そして、このじゅん様の事も、まるで幼稚園児を扱う先生のように優しくして下さる松本さんが側に寄り、「あのぉ?、じゅん様、つかぬ事をお聞き致しますがこの名前に心当たりはありませんか?」と言いながら宅急便の伝票を差し出したのです。何だろう?と思いながら見てみると伝票には(青山劇場内、よかにせトリオ様)

ぶほっ?っ!!∞@#◎※☆!!

「・・・。はい、あのぉ・・・スミマセン。僕です(汗)」
「ええっ!そうじゃないかと思ってはいましたが何ですか、これ?受付の方が受け取ったのはいいんだけど、こんな名前の人出演してないし、どなたかプライベートでトリオを組んでる方いらっしゃいますか?と言われましたよ?(^_^;)」と言うではありませんか。もう、じゅん様大爆笑!
実は、よかにせトリオとは斉ちゃんとじゅん様とうちのマネージャー兼後輩の翔君とで鹿児島のイベントでベティママとゲストで呼ばれた時に付けられたグループ名なんです。制作の松本姉さんとたまたまその時の晩餐会に出席なさっていた方が翔くんとめちゃめちゃ仲良くなり、翔くんが『自分は出ていないけど良かったら是非』と、クラウディアの宣伝をしてくれて観に来て下さる事になったのですが、その方からのお花の差し入れだったのです(^^)。
でもまさか「よかにせ?」で来るとは(^o^)
因みによかにせって鹿児島弁でイケメンの事を言うのだそうですよ(笑)
更に爆笑したのは2つもお花を送って下さったのですが、もう一つは何と!「速水 翔様」で来ていたのです。出てないっちゅうの(爆)これじゃ受付の方もなんじゃろ?と戸惑うはずですね(^o^)
斉ちゃんにも話したら爆笑してました。
でも、田舎の人の真っすぐな、暖かい真心がそのまま現れているかのようなこの話にじゅん様、何故か心がホンワカして本当に嬉しかったです。本日は、またまたご迷惑をおかけしてしまった松本姉さんと一緒にお届け致しました。有難うございました(^0^)
2005.05.28.(土) Posted by JunJun
※この記事へのコメントは現在受付けておりません
ファーストクラス?!
DVDハードな公演ですが、劇場に通うのも又、ハードな時間です。出来る限り舞台に全力を注ぎ、無駄な体力を消費しないように、じゅん様は車で通っております。と言っても乗ってるだけ、運ばれてるだけなのですが(^_^;)
じゅん様は、自分の時間をとても大切になさいます。この移動の時間も貴重な舞台に向けてのウォーミングアップタイムなのでございます。
まず、後ろのシートを全て倒しストレッチが始まります。その後、お気に入りのロイヤルミルクティーで喉を潤し、DVDを観ながら感性を磨くのでありました。因みに本日は、ガーフィールドと、三咲レアがオスカルの声を担当しているベルサイユのばらです(^^)
勿論、一度に全編は見れないので続き続きで見ていきます。まさにここは全てが完備されたファーストクラスなのでございますよ(^^)何だか作品とは似つかわしくない生活では?とお思いになる方も多いでしょうが、この自分のスタイルを貫き通せるからこそ、全く自分のカラーとは違う世界に入り込み、違う人物になることが出来るのです。集中力がものをいう世界・・・。その為の自分流の過ごし方はとても重要な事なのです。幕が上がればどんな役にも瞬時になれる!だってワタクシ、女優、いやモトイ、俳優ですから!!
あー、優雅じゃ、優雅。今日も頑張るぞ(笑)
2005.05.27.(金) Posted by JunJun
※この記事へのコメントは現在受付けておりません
| ホーム | 次ページ 


表示切換 スマートフォンパソコン